BLOGブログ
BLOG

東京 葬儀 追善供養の意味

2018/06/12
東京 葬儀 追善供養

東京での葬儀のことならときわ式典

 

こんにちは。

今回は追善供養についてお話させていただきます。

まず、追善供養とはなにか。

追善供養とは家族、親族、友人などの方々が故人様に対して行う、毎日の供養から49日法要や年忌法要などの仏教行事の供養すべてを追善供養を言います。

その中で今回は初七日から49日法要までの追善供養についてお話させていただきたいと思います。

仏教では人は亡くなると49日間の旅に出ると言われています。

そのため、葬儀の際に旅の支度として白い着物を故人に着せたり、編み笠や杖を棺に入れたり、三途の川を渡るのに必要な六文銭を故人に持たせたりして旅のお手伝いをします。

49日間の旅ですからとても大変な旅だと言われております。

追善供養は大変な49日間の旅を後押ししてあげる役割になります。

それは故人を思うだけでも、お線香をあげるだけでも故人にとって旅を続ける力になると言われております。

49日の旅の中でも命日から7日目の初七日から始まり、49日まで7日毎に行う供養がとても重要になります。

昔は7日毎にお寺様をお呼びして追善供養をしていたようですが、昨今では仕事や学校などにより集まるのが難しくなったため、初七日と49日法要のみ行うようになりました。

なぜ7日毎に行うのか。

故人は7日毎に7回、浄土に行くための審判を受けます。

追善供養をしっかり行うことによりスムーズに審判が終わると言われておりますので、すごく重要な供養となります。

特に49日法要は日日が過ぎて法要を行っても意味はありません。

7段の階段をイメージしてみてください。

7日毎に1段上ります。

7日かけて一段ですから大変な階段ですね。

それを7回繰り返します。

最期の49日目の階段を上るときは故人はほとんど力が残っていませんので、そこで49日法要をして最期の後押しをしてあげることが49日法要なのです。

なので過ぎてしまっては旅が終わっているので意味がなく、当日か前倒しで行うことが故人様のためになります。